肌 黒ずみ くすみ

肌の黒ずみ、くすみの原因とケア

肌のくすみや黒ずみを気にしている人は多いですが、正しくその原因を理解できているでしょうか。ここではその原因と対処法を見ていきたいと思います。

 

黒ずみ原因は摩擦、汚れ

 

体の中で黒ずみやすい場所はどこでしょうか。
やはり気になるのは脇やデリケートゾーンという人は多いのではないでしょうか。

 

脇やデリケートゾーンは下着との摩擦が起きやすく、摩擦が原因で黒ずんでしまう事が多いのです。顔も同じでタオルでゴシゴシこすったり、強い力で洗顔したりすると摩擦を起こし肌が黒ずむ原因となります。

 

また、もう1つの原因は肌の汚れです。
料理で使用する油をずっと空気に触れさせておくと「酸化」を起こし黒ずんでしまいます。

 

これが顔でも起こるのです。皮膚が脂っぽいと言う方は皮膚の脂をそのままにしておくことで同じく酸化していまい、肌の黒ずみの原因となります。

 

もともとのオイリー肌と、実は乾燥からくるオイリー肌があるので、むやみにごしごしと洗顔はせず、しっかりと保湿をする事で肌の油分をコントロールしましょう。

 

 

肌のくすみ原因は血行の悪さ

 

肌のくすみは乾燥が大きな原因と言えます。
体を動かした後は体中に血が巡り顔が高揚し顔色が良くなります。
逆に血行が悪いと青白く見える上に、ターンオーバーという肌にとって大事な働きがきちんとなされないのです。

 

ターンオーバーとは肌の古い部分が取り除かれ、その下の新しい肌と入れ替わる事を言いますが、血行が悪いとこの働きが鈍ってしまい、古い肌が残ってしまうのです。
何重にも皮膚が重なっていることで透明感が失われ、くすんでしまうのです。

 

ケアとしてはマッサージがお勧めです。
あまり強い力でこすらずゆっくりと肌の筋肉を動かすイメージで顔をマッサージすると乾燥と血行の両方に効果的なのです。冬の血行が鈍る時には特にマッサージをお手入れに取り入れてケアをすることで透明感のある肌を手に入れる事ができます。

 

 

黒ずみ、くすみを改善して美白に

 

女性ならいつまでも、くすみや黒ずみのないお肌を持ち続けたいものです。
(いろの白いのは七難隠す)と昔から言われるようです。
色の白いもっちりとした女性を見るととても魅力ある女の人を感じます。

 

美白とは、ただ顔が白いという事ではなく、シミやくすみのない状態の事をいうのです。
もちろん顔だけではなく、脇や肘、膝、二の腕など体全身が美白になりたいですよね。
女性ならシミ、くすみ、黒ずみをなくす為に努力している人は多いのです。

 

勿論紫外線対策は基本となりますが、紫外線は1年中降り注ぐもので、日光を避けるため、日焼け止めは必要なものです。日焼け止めを塗っていない時は、化粧下地やファンデーションに日焼け止め成分の入ったものを使う事は大切です。

 

そしてメラニンの生成を抑えることも必要ですから、保湿をしっかりとしてお肌にたっぷりの潤いと栄養を与えることが必要です。

 

お肌の外側の表皮がしっかりと潤う事で、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどがつくられお肌の新陳代謝が活性化してお肌は、弾力とハリのある状態となるのです。

 

お肌のくすみ、黒ずみを避ける為には、お肌に水分をしっかりと与えることが良いのです。保湿力重視のものはおすすめです。

 

また乾燥はシミ、ソバカスのもととなりますので、お肌はいつも潤いを与えてあげてください。
また日焼けした場合などは、美白ケアをする前に、肌をクールダウンする事することが大切です。

 

軽い日焼けでも繰り返すことは、皮膚をとても傷つけてしまい老化を早める事となってしまうのです。冷水や氷を使ってのクールダウンを早めにした方が良いのです。